蒼の封印 ネタバレブログ

篠原千絵先生の「蒼の封印」について書いていきます

「蒼の封印」 3巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

彬と蒼子の距離がグッと近くなる3巻のネタバレ&感想、早速書いていきます(^^)/

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

 

自分の秘密が、西家の持つ“西園寺文書”に記されていることを知った“蒼龍”の蒼子は、敵 対していた“白虎”の彬と協力し、西家の本拠地・鬼無里(きなさ)へと向かいます。

 

しかしそこ には、蒼子をなかなか殺さない彬に業を煮やした、彬の兄弟たちが待ち構え“白虎”の資格を得ようと、蒼子とともに彬まで殺そうとしてきたのです。

 

そんな彼らから2人は共に助け合って逃げるうちに、恋愛感情に似た気持ちが芽生えます。

 

そして蒼子は、鬼無里に来てから自分の能力が上がっていることや、鬼無里の地 形を熟知していることに気づき、強くなっていく鬼の力に恐ろしさを感じ、彬の前で弱音を吐きますが、そんな蒼子を彬は思わず抱きしめてしまうのです。

 

お互いのことを強く意識しだす2人。

 

そして必死の攻防の末、2人は西家に囲まれてしまい、殺されそうになる彬を助けようとした蒼子は右腕を切り落とされてしまいます。

 

腕を切られた蒼子を連れ、湖に飛び込み身を隠した彬は、蒼子に生気を与えますが、怪我のために生気が足りず。。。

 

 

彬の兄弟の登場ですね。

しかも白虎の座を手に入れるために殺そうとするなんて、どっちが鬼だと言いたくなります。

 

でも彼らの登場のおかげで、かなりお互いのことを意識しだしましたね

 

思わず抱きしめちゃう彬と、それにドキドキする蒼子。。。これから先、このドキドキシーンが増えてくると思うと、ちょっと嬉しくなってしまいます。

 

物語は、かなり蒼子の過去へと近づいてきているようですが、腕を切り落とされてしまった蒼子が、またもや辛い思いをしてしまいそうです。

 

そんな思いを抱きながら、彬と蒼子は彬の兄弟たちと戦えるのか。。。

 

次巻の展開も楽しみです

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索