蒼の封印 ネタバレブログ

篠原千絵先生の「蒼の封印」について書いていきます

「蒼の封印」 1巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

蒼の封印」、3巻無料期間が終わってしまったので、1巻から3巻まで順次記事を更新していきます(^^)/

 

それでは早速1巻のネタバレ&感想を書いていこうと思います

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索?

 

 

高校1年の蒼子は転校初日の朝から体調がすぐれず、めまいと胃がひきつるような気分の悪さを感じていました。

更に美しい容姿のため、学校 の不良のボス・香椎(かしい)に目をつけられてしまいます。

 

そして翌日も具合が悪く保健室で休もうとしたところ、香椎に襲われてしまい蒼子は気を失 ってしまいます。

しかし気がつくと香椎の姿は見えず、彼の服や靴だけが残されていて、更にはあんなに具合が悪かったのが嘘のように、体調が良くなっていました。

 

3日ほど学校を休んでいた蒼子は、クラスメイトから香椎が変わらず学校に来ていると聞き、学校へ行って本当に消えていないのか真相を確かめようとします。

 

しかしそこで見た香椎は、蒼子の全く知らない男で驚きますが、クラ スメートはいつもと変わらぬ様子。

 

この異常な事態を恐ろしく思う蒼子に、姿の変わった香椎が近づき、殺そうとします。

 

彼の本 当の名は彬(あきら)。

彼は「西家の白虎」で、鬼門復活を目指す「東家の蒼龍」を倒すために生まれたこと、そしてその蒼龍という人喰い鬼が蒼子だと話します。

 

全く身に覚えのない蒼子ですが、彬に追い詰められた蒼子は鬼として覚醒した姿になり、人の生気を食べてしまいます。

 

何も分からない蒼子は、彬と共に以前住んでいた街へと行き、自分が蒼龍ではないことを調べることにしますが。。。

 

 

美しい鬼の蒼子と、イケメンの白虎の彬の出会いのシーンから、ドキドキの連続です

 

蒼子が生気を食べてしまうシーンも、彬が蒼子を殺そうとするシーンでも、何とも言えない色気が2人に漂い、美しい鬼に魅了され恍惚のうちに食われてしまう。。。という言葉に納得してしまいました。

 

彬も例外ではなく、蒼子の美しさに魅了され命がけで助け、蒼子もまたそんな彬の気持ちに惹かれていくのでしょうね。

 

自分のことが分からない恐怖と、人を喰ってしまう鬼かもしれないという恐怖と、これから2人がどう向き合い、解決していくのかとても気になります。

 

蒼子の過去は分かるのでしょうか。。。

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索?