読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼の封印 ネタバレブログ

篠原千絵先生の「蒼の封印」について書いていきます

「蒼の封印」 7巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

蒼の封印」7巻 ネタバレ&感想を書いていきますよ~(^^)/

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索🎵

 

鬼門復活を防ぐために、蒼子の妹・計都(けいと)を彬と共に殺そうとした蒼子ですが、計都への愛情が蘇り、妹を守るため自ら“蒼龍”となる決意をし、高雄のもとへと戻ります。

 

そして“鬼の隠れ屋”で儀式を行い、正式に鬼門復活を果たし、絶えてしまった南家の“朱雀”を計都に名乗らせ、祝いの名として“緋子”の名を与え、計都を蒼龍の座から少しでも引き離そうとします。

 

一方、蒼子を手放した彬は、鬼門を滅ぼすため西園寺グループを総動員して蒼子の行方を捜しますが、なかなか成果はあがらずにいましたが、ついに鬼の痕跡を発見します。

 

しかしそこで彼らが目にしたのは、高雄に操られた蒼子が住んでいる人たちを鬼にかえてしまった街の姿でした。

 

彬たちの前に立ちはだかる緋子と高雄

 

更に操られた蒼子も彬を襲ってきましたが、楷に銃で撃たれ怪我をします。

 

彬は怪我を負った蒼子を見つけ取り戻そうとしますが、蒼子に生気を喰われてしまいます。

 

彬は倒れそうになりながらも、蒼子を殺そうとはせずにキスをすると、蒼子は正気に戻ったのです。

 

しかし動けなくなった彬は高雄にとらえられてしまいます。

 

反対に、楷は正気に戻った蒼子を人質として連れ去り、彬との取引に使うことにしますが。。。

 

 

せっかく蒼子を正気に戻すことができたのに、また彬と離れ離れになってしまいましたね。

 

しかも今度は捕らえられてしまった彬を無事に救出するため、楷と結ばれ蒼龍の力を無くすように西家の叔父に言われてしまいます。

 

辛い決断です。

 

好きな人と結ばれたい。。。でもその人を救うために、別な人と関係を結ばなければいけない。。。

 

彬も蒼子もお互を強く想っているのに、と読んでいてとても悲しくなりました。

 

そして新たな局面を迎え、蒼子にこだわる高雄の秘密や蒼子との関係が、この先はっきりしてきそうです。

 

物語は、「この真相は?」というところで終わっています。

 

彬そして蒼子2人の気持ちが試されるときかもしれませんね。

 

この問題に直面して、2人がどうなっていくのか、また高雄がどうするのか。。。

 

次巻も楽しみです

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索🎵