蒼の封印 ネタバレブログ

篠原千絵先生の「蒼の封印」について書いていきます

「蒼の封印」 11巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

蒼の封印」11巻。

いよいよラストです

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

富士のふもと、樹海にある鬼門の聖地である東家隠れ屋で鬼と人間の最終決戦が続く中、高雄は彬の力によ って死んでしまいます。

 

高雄がいなくなった鬼門を一気に攻めようとする彬ですが、“蒼龍” の立場にある蒼子は、彬の味方をすることができません。

 

そしてなんとか鬼門と人間が共存できる 方法を見つけたいと、彬と話し合うことにします。

 

その席で、彬は蒼子の意見を受けるかわりに聖地 の全てを見せることを要求します。

 

条件をのんだ蒼子は、自らも知らない聖地の奥へ彬 を連れて進みます。

 

そしてその一番奥には、鬼門一族が何十年、何百年眠っていられる“癒 しの場”があったのです。

 

そんな驚く蒼子たちの前に、南家の隠れ屋から帰ってきた緋子が現れ、意外 な事実を告げられます。

 

なんと緋子は蒼子の妹ではなく、女王羅睺の1人娘だったのです。

 

蒼龍の力は現在の蒼龍が健在でも、第一子には継承されるため、この隠れ屋でその力を得ることができれば、緋子もまた蒼龍となることができるのです。

 

緋子が蒼龍となっては、西家との間でやっとまとまった休戦の話もなくなり、また殺し合いになることを恐れた彬と蒼子は緋子を止めようとします。

 

しかしその時、大きな地震が起き、彬は蒼子と共に隠れ屋から逃げようとしますが、緋子を止めるため、蒼子は彬に逃げるように話し、自分はその場にとどまり緋子の後を追ったのです。

 

地上に出た彬を待っていた楷たちは、富士山が間もなく噴火するという事を彬に告げ、すぐにその場から退避します。

 

一方蒼子たちは、富士山が噴火し、隠れ屋に溶岩が流れ込んできたため、鬼門みんなで安全なところへと移動します。

 

このままでは、この隠れ屋にいる鬼門のものたちは隠れ屋が封印され死んでしまうと考えた蒼子は、ある1つの方法を思いつきます。

 

そして同じころ、彬もその方法に気付くのです。

 

その方法とは隠れ屋の1番奥にある癒しの場で、鬼門3万人すべてが眠りにつくということです。

癒しの場は火山エネルギーを消費しているため、そこに3万もの鬼門が眠りにつけば、膨大な火山のエネルギーを消費することができると考えたのです。

 

しかしそれは、永い永い眠りにつくことになり、彬と蒼子の永遠の別れを意味して。。。

 

 

 

いよいよクライマックスです

 

頻発していた地震は、火山性だったんですね。

そしてこの火山を鬼門とつなげるあたり、篠原先生の考えるストーリーの深さに驚きました。

 

自然と共存し、生きてきた鬼門らしいラストで、きちんと人間への課題も残しました。

 

実際、人間が自然を大切にし、全ての生命と共存していかなければ、何が起こってもおかしくはありませんね。

 

それから、最後まで鬼門らしくいた緋子も素晴らしく、最後にきっちりと蒼子への優しさを見ることができました。

 

そしてなんといっても最後の最後で究極の愛を見せてくれたのが、なんとあの高雄でした

今まで蒼子を愛していながら、なぜ気持ちを伝えなかったのか全ての謎が解けます。

もう本当にすごいです!!

この高雄の深い愛には誰も敵わないんじゃないでしょうか。

とってもとってもとっても切なすぎます。。。

ここで高雄のことを好きになる人は多いんじゃないかな。

 

そして彬と蒼子は、人間と鬼門が共存するため、富士の噴火を止めるために別れることができるのでしょうか。

2人の未来はどうなってしまうのでしょうか。。。

 

この素晴らしいラストは、ぜひ皆さんの目で実際に読んでみてください

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

「蒼の封印」 10巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

蒼の封印」10巻について書いていこうと思います(^^)/

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

 

西家の隠れ屋で“白虎”の能力を手に入れた彬ですが、鬼を一瞬にして殺せるその能力が蒼子をも苦しめてしまいます。

 

苦しむ蒼子に気をとられているうちに高雄と緋子を取り逃がしてしまいます。

 

そして緋子は自分の力を知るために、高雄の反対を振り切って南の隠れ屋へと向かいます。

 

一方東京へ戻ろうとする蒼子は、新幹線の中で迷子の女の子に出会い一緒に母親を探しますが、実はその子供は鬼の子で、一緒に高雄の元に帰りましょうと言われます。

 

しかし鬼の子供に気付いた楷は、その子供を彬の元へと連れていき、東家の隠れ屋の場所を聞き出そうとします。

 

蒼子は口を割らせるための彬の容赦ない行動にショックを受け、彬の元から子供を連れ去り親元へと返しに行きますが、そこには高雄がいて鬼門の聖地・東家の隠れ屋へ案内すると言われます。

 

そして申し出に応じた蒼子が連れていかれたのは、富士山のふもと、青木ケ原樹海でした。

 

そこで、あどけない鬼の赤ん坊や身篭った女たちを見た蒼子は、人間と鬼、どちらが優先するのか混乱してしまいます。

 

しかしそこへ隠れ屋を見つけた彬たちが隠れ屋を封印しようと侵入し、鬼たちと闘い始めてしまいます。

 

そんな戦いのさなか、高雄が蒼子をかばい足を失ってしまい、更に蒼子は、高雄が蒼子のことを愛しているということも知ってしまうのです。

 

蒼子が鬼の存在に気付く前からずっとそばにいて守り続けてきた高雄ですが、蒼子に対して1度もそんなそぶりなど見せたこともなかったことに、蒼子は驚き、そしてその理由をきちんと考えなくてはいけないと思います。

 

一旦隠れ屋に戻った蒼子はそこで高雄に話を聞こうとしますが、そこへ影となった彬が現れ、高雄に「人間どもはこの世界を自分たちだけのものと思っている。それを傲慢と言わずになんという。。。人間は自然の力すべてを壊している」と言われ。。。

 

 

 

 

 今回は、彬の白虎としての強さ、そして責任の大きさと立場がよく分かる巻となりました。

 

彬なら、鬼門との未来を考えてくれるかもしれない、なんてどこかで考えていましたが、ちょっとそれは甘い考えだったと思いました。

 

特に白虎として鬼門を滅ぼすために、子供でも容赦なく消そうとする場面では、とても違和感を感じましたが、それが白虎というものなんでしょうね。

 

蒼子がショックを受けたのもよく分かります。

 

それに隠れ屋での赤ちゃんや子供たち、そして妊娠している女性の姿を知ってからの気持ちの変化も優しい蒼子だったら当然だと感じました。

 

そして高雄が投げかけた人間への言葉は、この先この地球で生きていく限り、きちんと考えていかなければならないことだとも思いました。

人間だけが暮らしているのではないんですよね。

とても深いです。

 

蒼子は、何とか人と鬼門が共存できる道を見つけようと考えますが、その答えは見つかるのでしょうか。。。

 

次巻はいよいよ最終巻です

蒼子と彬と高雄の関係は?

蒼子の求める答えは?

そして鬼門と人間の未来はあるのでしょうか?

 

じっくと次巻を読んでみたいと思います。

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

 

 

 

「蒼の封印」 9巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

さぁ、今回も「蒼の封印」9巻について書いていきますよ(^^)/

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

鬼の隠れ屋を守る鬼面獣の圧倒的な力を、蒼子は体を貫かれながらも押さえ込みます。

 

そこへ 高雄が現れ再び危機に陥る蒼子ですが、緋子を人質に取り、隠れ屋の扉を開けさせることに成功します。

 

しかしその中には鬼門にとっての“癒しの場”があるだけで、蒼子は 期待していた鬼門の秘密がないと知り落胆します。

 

更には高雄に隠れ屋に閉じ込められそうになりますが、蒼子に興味をもった鬼面獣が、皆を助けてくれました。

 

そして力の源である隠れ屋が、東家・西家・南家・北家それぞれひとつずつあり、それぞれの長がその場へ行けば、本来の力を得ることができると教えられます。

 

その中でも東家の隠れ屋は鬼門の存亡に関わる秘密が隠されており、そこを封印すれば鬼門が滅ぼされるということから、太古の人間たちは鬼門を滅ぼすことを“蒼の封印”と呼ぶのだと教えられます。

 

それを知った蒼子達は、東家の隠れ屋を見つけようと東家の隠れ屋の場所の特定を急ぎますが、この間に、緋子が朱雀の力を手に入れようと動き出します。

 

それを知った蒼子たちも、まずは緋子が南家・朱雀の力を手に入れないようにすることが先決と考え、それを阻止しようとします。

 

そしてそれと同時に、彬は高雄と戦う為に、西家・白虎の力を手に入れようと考えて。。。

 

 

段々と確信に迫ってきましたね。

それにとうとう鬼門を滅ぼす方法まで知ることができました

 

そしてここからきたんですね、「蒼の封印」。

なるほどなぁ~、と、その意味に感心してしまいました。

 

やっぱり篠原先生の考えるストーリーは、奥が深くて面白く、どんどん読み進めてしまいますね。

 

この題名からも、そんなことを感じてしまいました。

 

さてさて、今後、緋子が朱雀の本来の力(刑罰を司る力)を手に入れることができるのか注目ですね。

もし手に入れてしまったら、鬼門を裏切った蒼子は間違いなく罰を受けることになるんですから、それはとても恐ろしい結末へと向かってしまいそうでとても不安です。

 

だってあの高雄でさえ、蒼子のことを愛しているから、緋子が力を手に入れることに対していい顔をしないんですよ。

 

それに彬の強すぎる力もどう影響してくるのか、次巻も楽しみです

 

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

 

 

 

 

 

 

 

「蒼の封印」 3巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

彬と蒼子の距離がグッと近くなる3巻のネタバレ&感想、早速書いていきます(^^)/

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

 

自分の秘密が、西家の持つ“西園寺文書”に記されていることを知った“蒼龍”の蒼子は、敵 対していた“白虎”の彬と協力し、西家の本拠地・鬼無里(きなさ)へと向かいます。

 

しかしそこ には、蒼子をなかなか殺さない彬に業を煮やした、彬の兄弟たちが待ち構え“白虎”の資格を得ようと、蒼子とともに彬まで殺そうとしてきたのです。

 

そんな彼らから2人は共に助け合って逃げるうちに、恋愛感情に似た気持ちが芽生えます。

 

そして蒼子は、鬼無里に来てから自分の能力が上がっていることや、鬼無里の地 形を熟知していることに気づき、強くなっていく鬼の力に恐ろしさを感じ、彬の前で弱音を吐きますが、そんな蒼子を彬は思わず抱きしめてしまうのです。

 

お互いのことを強く意識しだす2人。

 

そして必死の攻防の末、2人は西家に囲まれてしまい、殺されそうになる彬を助けようとした蒼子は右腕を切り落とされてしまいます。

 

腕を切られた蒼子を連れ、湖に飛び込み身を隠した彬は、蒼子に生気を与えますが、怪我のために生気が足りず。。。

 

 

彬の兄弟の登場ですね。

しかも白虎の座を手に入れるために殺そうとするなんて、どっちが鬼だと言いたくなります。

 

でも彼らの登場のおかげで、かなりお互いのことを意識しだしましたね

 

思わず抱きしめちゃう彬と、それにドキドキする蒼子。。。これから先、このドキドキシーンが増えてくると思うと、ちょっと嬉しくなってしまいます。

 

物語は、かなり蒼子の過去へと近づいてきているようですが、腕を切り落とされてしまった蒼子が、またもや辛い思いをしてしまいそうです。

 

そんな思いを抱きながら、彬と蒼子は彬の兄弟たちと戦えるのか。。。

 

次巻の展開も楽しみです

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

「蒼の封印」 2巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

さあ、「蒼の封印」2巻のネタバレ&感想を書いていこうと思います

  

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

 

蒼子は自分の記憶が作られたものだと知り、彬が言った通り、人の生気を食べる鬼・“蒼龍”で、今いる家族も、本物の蒼子を食べて入れ替わ ったものだとあることが分かります。

 

そこへ彬の叔父が部下を連れて現れ蒼子を容赦なく襲います。

 

そんな彼らを 前にして、蒼子は“蒼龍”に変身し、自分が何者なのかがわかるまでは死ねないと必死に逃 げます。

 

彬は苦しむ蒼子を目にして、ためらいつつも彼女を追いますが、彼女の胸に弾丸が 命中し海に落ちてしまいます。

 

しかし蒼龍は、銃で撃たれたぐらいでは死なず、無人の家へと逃げ込みますが、彬の叔父は蒼子を殺すためにその家に火をつけます。

 

弱っている蒼子は逃げることもできずにいましたが、そこへ1人取り残されている小さな子供が現れます。

 

「この子供を食べてしまえば逃げるだけの力を得られる」と考える蒼子ですが、小さな子供を食べることなどできず、その子を抱きしめているところへ彬がやってきます。

 

蒼子を殺そうとする彬ですが、小さな子供に気付き、子供を食べなかった蒼子の本当の気持ちを聞きます。

 

本当なら殺さなくてはいけない相手。。。でも彬は自分の生気を蒼子に与え逃がしてやります。

 

蒼子は自分の過去を知るために鬼無里にある西園寺家の古文書を手に入れようとその見取り図を探しに西園寺の本社へ侵入します。

 

そこで捕まりそうになりますが、また彬に助けられます。

 

一方、彬の叔父は蒼子の暮らすマンションへと向かい、爆弾で蒼子を殺そうとします。

 

このことで家族は死んでしまい。。。

 

 

自分のことを人間だと信じていた蒼子にとって、この真実はとても辛いものですよね。

更に、自分のせいで偽物とはいえ家族が殺されてしまえば、憎しみが湧いてくるのも分かります。

 

そして彬も、蒼子のことを邪悪な存在と思えず、自分の立場が悪くなると分かっていても蒼子を助けるあたり、結構惹かれてしまっているんだろうな。。。

 

それにしても、一般人まで巻き込んでしまう彬の叔父は情け容赦のない人で、本当に恐ろしい人ですよね。

 

でも古文書を手に入れるためには、この叔父を避けては通れないはず。

 

今後この叔父が、どんな障害をもたらせてくるのか、彬は叔父に対して西家に対してどう向き合うのか、次巻の展開が楽しみです

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索

 

「蒼の封印」 1巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

蒼の封印」、3巻無料期間が終わってしまったので、1巻から3巻まで順次記事を更新していきます(^^)/

 

それでは早速1巻のネタバレ&感想を書いていこうと思います

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索?

 

 

高校1年の蒼子は転校初日の朝から体調がすぐれず、めまいと胃がひきつるような気分の悪さを感じていました。

更に美しい容姿のため、学校 の不良のボス・香椎(かしい)に目をつけられてしまいます。

 

そして翌日も具合が悪く保健室で休もうとしたところ、香椎に襲われてしまい蒼子は気を失 ってしまいます。

しかし気がつくと香椎の姿は見えず、彼の服や靴だけが残されていて、更にはあんなに具合が悪かったのが嘘のように、体調が良くなっていました。

 

3日ほど学校を休んでいた蒼子は、クラスメイトから香椎が変わらず学校に来ていると聞き、学校へ行って本当に消えていないのか真相を確かめようとします。

 

しかしそこで見た香椎は、蒼子の全く知らない男で驚きますが、クラ スメートはいつもと変わらぬ様子。

 

この異常な事態を恐ろしく思う蒼子に、姿の変わった香椎が近づき、殺そうとします。

 

彼の本 当の名は彬(あきら)。

彼は「西家の白虎」で、鬼門復活を目指す「東家の蒼龍」を倒すために生まれたこと、そしてその蒼龍という人喰い鬼が蒼子だと話します。

 

全く身に覚えのない蒼子ですが、彬に追い詰められた蒼子は鬼として覚醒した姿になり、人の生気を食べてしまいます。

 

何も分からない蒼子は、彬と共に以前住んでいた街へと行き、自分が蒼龍ではないことを調べることにしますが。。。

 

 

美しい鬼の蒼子と、イケメンの白虎の彬の出会いのシーンから、ドキドキの連続です

 

蒼子が生気を食べてしまうシーンも、彬が蒼子を殺そうとするシーンでも、何とも言えない色気が2人に漂い、美しい鬼に魅了され恍惚のうちに食われてしまう。。。という言葉に納得してしまいました。

 

彬も例外ではなく、蒼子の美しさに魅了され命がけで助け、蒼子もまたそんな彬の気持ちに惹かれていくのでしょうね。

 

自分のことが分からない恐怖と、人を喰ってしまう鬼かもしれないという恐怖と、これから2人がどう向き合い、解決していくのかとても気になります。

 

蒼子の過去は分かるのでしょうか。。。

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索?

「蒼の封印」 8巻 ネタバレ&感想

モモ吉でーす

 

さてさて、今日も「蒼の封印」について書いていきますよ

今回は8巻のネタバレ&感想です(^^)/

<p> 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索?

 

 

蒼子たちは高雄に捕らわれていた彬を助けだすことに成功しますが、蒼子が楷に抱かれ力を無くしたと聞き、高雄はその憎しみのあまり、彬ではなく楷を殺そうとします。

 

高雄の鬼火は楷を焼き尽くそうとしますが、それを助けようとした彬と蒼子にまで及びます。

 

しかしその時、蒼子の頭には角が現れ、高雄の鬼火を跳ね返し高雄の元から逃げることに成功します。

 

 実は楷は蒼子のことを抱いてはおらず、蒼子に暗示をかけただけだと分かり、再会した2人に、束 の間の幸せが訪れます。

 

しかしその夜、怒りに燃えた高雄は、西家を全滅させようと蒼子が 逃げ込んだ西園寺の屋敷を襲撃します。

 

突然の出来事に驚き、次々に部下たちは殺されていきます。

 

騒ぎに気づいた蒼子ですがが、余りにも多い鬼たちを前にどうすることもできず、離れ の茶室に追い込まれてしまいます。

 

四方を囲まれた状況の中、蒼子は“蒼龍”の儀式の際に高 雄に言われた「全知全能をかけて鬼の隠れ屋を守れ」という言葉を思い出し、鬼門の秘密 がそこにあると考えた蒼子たちは、なんとか屋敷を脱出します。

 

妹の緋子(計都)のことを殺したくないと思い鬼門を復活させたことで西園寺家の多くの人々が殺されてしまった蒼子は責任を感じ、今度は鬼門を滅ぼすために必要なら緋子を殺すと決心します。

 

そして彬や楷と共に、東北の山奥にある隠れ屋へと向かいますが、そこへは叔父の命令で彬の子供を身ごもるために檀も同行することになり。。。

 

 

楷は蒼子を抱いてはいなかったんですね。

よかったよかった(^^)

 

でも、蒼子が抱かれたと思っている高雄の怒りは半端ないですね。。。

そんなに蒼子のことを愛しているなら、なぜ蒼子にその気持ちを伝えないのか、なぜ蒼子の全てを手に入れようとしないのか、ちょっと疑問です。

 

そして西家の叔父や檀の考えもかなり恐ろしいです。

白虎を途絶えさせないためにそこまでするのか、とビックリしました。

それと同時に、千年以上続くこの戦いが西家にもたらしたものは、あまりにも重いものなんだと感じました。

 

そして物語は、徐々に核心部分へと近づきました。

次巻では鬼の隠れ屋の謎が解き明かされそうですね

 

蒼の封印」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところでできるので、ぜひ読んでみてください

蒼の封印無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「蒼の封印」で検索?